公務員辞めました~40代ミニマリストのFIRE風生活~

公務員を辞めた理由、ミニマリストのような生活、自分はFIREしているのかどうか。ということについて、書いていこうと思います。

追い詰められたガラケー

携帯電話は、2年半ぐらい前までガラケーを使用していました。

 

周囲の人はとっくにスマホに乗り換えていましたが、6年ほど前にガラケーが壊れたときも、自分が機械オンチということもあり、スマホではなく慣れ親しんだガラケーを何のためらいもなく購入していました。

 

しかし、最後のガラケーを購入してしばらくすると、ガラケーを対象としたサービスがじわじわ終了していくという悲劇に見舞われ始め、追い詰められていったのです。

 

順番や時期の記憶ははっきりしていないのですが、

まずガラケーでの「YouTube」視聴サービスが終了したと思います。

寝る前などに「YouTube」を観るという、ささやかな楽しみを失ってしまいました。

パソコンは持っていなかったので、この時点でYouTubeとは、しばしのお別れとなったのです。

 

続いて、ガラケーのLINEサービスが終了したと思います。

仲の良い友人などに、「LINEが使えなくなりました」とメールで連絡するのが切なかったのを覚えています。

誰からだったか忘れましたが「スマホに買い替えればいいのでは?」という至極当然のツッコミも頂戴しました。

 

これでも、ギリギリ耐えていたのですが、さらに致命的なサービス終了が起きてしまいます。

iモード検索の終了」です。

記憶があいまいなのですが、確か「iモードで調べたいワードを入力して、ネットの世界で自由に検索する」ことができなくなったと思います。

何も調べられないのは、生きていく上で支障があったので、この時点でお手上げとなりました。

 

以前にブログに書かせていただきましたが、私は物が壊れるまで使うスタンスなのですが、この時はガラケーが壊れる前にスマホに乗り換えるという裏切りをしてしまいした。

最後のガラケーを購入した時の、ショップ店員さんからの「スマホにされた方が良いと思いますが…。」というアドバイスを聞き入れて、スマホを買っていればこんなことにはならなかったのに…。痛恨の極みです。

 

ちなみに、スマホを買ってみて思ったのは、「スマホって便利ですね」でした。

 

いずれにしても、ガラケーなどの携帯電話について、これまで何のこだわりもなく、いつも型落ちの安い機種を購入して使ってきていたので、かなり支出が抑えられていたのではないかと思います。