公務員辞めました~40代ミニマリストのFIRE風生活~

公務員を辞めた理由、ミニマリストのような生活、自分はFIREしているのかどうか。ということについて、書いていこうと思います。

一日一食

 学生の頃の私は、朝にパンかカロリーメイト、昼は学食、夜はスーパーのお惣菜などを食べるという生活で、一応、一日三食でした。

 

 しかし、就職後、残業が多くなり夜遅くに食事をすると、翌朝起きたときに、昨晩の食事が消化し切れていないようで気持ちが悪く、何も食べる気がしなくなり、朝食を抜くようになりました。

 

 また、夜12時過ぎに帰宅ということが続き、睡眠不足になると、昼休みに仮眠をとって、そのまま昼休みにも仕事をすることが多くなり、昼食もとらなくなっていきました。

 

 こんな感じで、気が付けば一日一食になっていたのです。

 

 今では、「一日一食が健康に良い」というような話が本やYouTubeなどでチラホラ見受けられますが、当時はそんな話も聞かなかったので、周囲の方から「いつか倒れるんじゃないか?」と心配されていました。

 

 たまに、昼休みにトイレに行って席に戻ると、どなたか判りませんが、私の机の上に みかんやゼリーなどの食べ物を置いていてくれました。(ありがとうございます)

 

 結果的に、一日一食生活のおかげで、食費はかなり低く抑えられていたと思います。